ジュエリーコラム

ダイヤモンドのグレードとは?価値と価格の違いから選び方|鑑定書やサリネライトレポートについて

ダイヤモンドの価値は、婚約指輪や結婚指輪など特別なジュエリーを選ぶときに、各ブランドによって同じグレードもで価格に幅があると気づくことでしょう。鑑定書があれば間違いないはずだけど、ハイブランドのジュエリーならどこも鑑定書は付いているため、ダイヤモンドの価格が大きく違ってくるのは、いったいなぜでしょうか?

もちろん、老舗のハイジュエラー(宝石商)ならブランド名からも価格が高くなるに違いないですね。ただ、それほどブランドにこだわらないけれど、ダイヤモンドの品質にはこだわりたい方もいるでしょう。その場合には、高品質なダイヤモンドをハイブランドよりも安く提供しているジュエラーもあります。

ダイヤモンドは、高価なものですから、安かろう悪かろうなんてもってのほかですね。それでも、予算内でグレードも満足できるダイヤモンドジュエリーを購入したいなら、最低限の基準を知っていると良いでしょう。何も知らないと、お店の方のアドバイス以外に知識がなく選択肢も少ない状況でダイヤモンドを選ぶのはもったいないですね。

ここでは、世界中にたくさんのジュエリーブランドやジュエラーが存在する中で、少しだけダイヤモンドを選ぶときの参考になるよう違いがわかりやすいブランドを例に紹介してみました。

 

ダイヤモンドの価値は鑑定書の4Cを基準に選ぶ

出典:Van Cleef & Arpels

 

ダイヤモンンドのグレードは「4C」を基準に選ぶことが前提です。この「4C」は、アメリカの「GIA(米国宝石学会)」や日本の「中央宝石研究所」から、発行される鑑定書に明記されており、ダイヤモンドの価値となる品質を国際基準で表しています。そのため、ダイヤモンドジュエリーを選ぶときには、鑑定書が付いているかも大切な要素です。

鑑定書を発行しているダイヤモンドには、10倍のルーペで確認できるくらいの小さな鑑定書番号が刻印されており、品質調査をしたことが証明できるようにもなっています。そして、天然のダイヤモンドのみに鑑定書が発行されるため、本物のダイヤモンドであるという証です。

4Cとは?「カット(Cut)」「カラット(Carat)」「カラー(color)」「クラリティ(Crality)」の頭文字になる4つの「C」をダイヤモンドのグレードとして評価しています。このグレード別の基準によって、ダイヤモンドの価格を決めることになり、4Cの要素をそれぞれ組み合わせ次第で、ダイヤモンドの価値と価格が変わってくるものです。

 

ダイヤモンドの輝きを評価するサリネライト(Sarine Light)

出典:銀座ダイヤモンドシライシ

 

最近では、ダイヤモンドの評価を鑑定書だけなく、ダイヤモンドの輝き「サリネライト」を重視した「サリネライトレポート」を合わせているジュエリーブランドもあります。

サリネライトレポートとは? イスラエルにある世界最大のダイヤモンドテクノロジー企業のサリネ・テクノロジー(Sarine Technologies)社が、科学的にダイヤモンドの輝きを評価するシステム「サリネライト(Sarine Light)」を用いて、ダイヤモンドの品質を評価したうえで発行しています。

4C基準とは、別にダイヤモンドの輝きに注目して品質を数値化している「サリネライト」は、宝石鑑定機関紙に論文を公表しているため、世界中に承認されているダイヤモンドの品質基準のひとつです。

ダイヤモンドの輝きを決める要素は4つあり「ブリリアンス(Brilliance)」「ファイア(Fire)」「スパークル (Sparkle)」「ライト・シンメトリー(lite・Symmetry)」からなっています。それぞれの要素をさらに5段階で評価するとトータルで9つのグレードになります。

 

サリネライト4つの基準

  • ブリリアンス(Brilliance):ダイヤモンド独特の白く強い輝き
  • ファイア(Fire):虹色に輝くダイヤモンド内部の光の分解による輝き
  • スパークル (Sparkle):ダイヤモンドの動きによって光る輝き
  • ライト・シンメトリー(lite・Symmetry):光のバランスからダイヤモンド全体の輝き

サリネライト4つの基準をもとに「サリネライトレポート」として証明書が発行されるだけでなく、その内容には「発行日・ID・カラット・シェイプ」なども記載されます。また「サリネライトレポート」は、QRコードに対応しており、スマートフォンやタブレットなどから、Webでデジタルレポートにアクセスして閲覧が可能になっているといった特徴もあります。

一般的に認知されているダイヤモンドの鑑定書と合わせて、テクノロジーで数値化したサリネライトレポートをつけているジュエリーブランは、ダイヤモンドの輝きにも注目して品質を重要視していることがわかりますね。

 

ブランド独自の鑑定基準から選ぶ

ダイヤモンドの品質は、世界基準の証明書だけでなく、ジュエリーブランド独自で品質基準を設けていることがあります。高品質なダイヤモンドをさらにオリジナリティーの価値を見出している鑑定基準は、同じ4Cグレードでも、他のブランドと差別化をはかっているため、実際に目で見て違いを確かめて見ることで、はじめて魅力が伝わるのものかもしれません。

これから、婚約指輪や結婚指輪だけでなくダイヤモンドジュエリーを選ぶときの参考に、特徴的なダイヤモンド基準を設けているブランドの「ヴァンクリーフ&アーペル」と「エクセルエコ」を見てみましょう。

 

5C基準のヴァンクリーフ&アーペル( Van Cleef & Arpels)

出典:Van Cleef & Arpels

 

ダイヤモンドの世界基準4Cに、もうひとつの「C」として「キャラクター(Character)」を鑑定基準にしているのが、世界5大ジュエラーであり、パリのグランサンクでもある「ヴァンクリーフ&アーペル」です。

ヴァンクリーフ&アーペルのダイヤモンドは「5C」基準となるダイヤモンドは、ブランド独自に、ひとつひとつのダイヤモンドを拡大鏡を用いて「ファイア(分散先)」と「明るさ」について分析しています。そして、究極の輝きをダイヤモンドの個性(キャラクター)として鑑定評価しすることで、他のジュエリーブランドと違った「ヴァンクリーフ&アーペル」のダイヤモンドを表現していることが特徴です。

57面体のオリジナルカットで輝くエクセルコ(EXELCO)

ダイヤモンドブランドの世界一を誇るベルギーの老舗ジュエラー「エクセルコ(EXELCO)」は、ダイヤモンドを最も輝かせるための「アイディアルラウンドブリリアンカット」を用いてオリジナリティーを表現しています。

ダイヤモンドで伝統的な58面体の「ブリリアンカット」から、一番したの部分のカットを1面減らした57面体にすることで、よりダイヤモンドの輝きが際立つことを意識してクオリティーの高いカットにこだわっているところが特徴的です。

出典:EXELCO

 

ダイヤモンドは鑑定書に明記されない「ハート&キューピッド」が見えるかどかにもこだわりを見せており、どんなに小さなメレダイヤモンドでも光学的理論に基づいてカットされているため「ハート&キューピッド」が確認できます。エクセルコ(EXELCO)は、東京本店に「50倍の特殊スコープ」用意してあり、一般の方でもダイヤモンドを実際に目でみて確かめらるようになっています。

 

「ハート&キューピッド」とは? ダイヤモンドの正確なカットによるシンメトリーな輝きを「ハート」と「矢」のマークにパターン化することで、一般の方にもわかりやすい画像で表したものです。倍率の高い特殊スコープでダイヤモンドを見ることで確かめることができます。

エクセルコ(EXELCO)は、エクセルコメイクと賞賛される通常の4倍もの工程をかけて、ダイヤモンドの輝きを究極にみせるダイヤモンドブランドです。そして、研磨・製造・小売りなど数ある工程を自社で一貫しているため、世界一のダイヤモンドと格付けされながも、流通コストカットに成功しています。

 

ダイヤモンドの価格は同じグレードでも違う

ダイヤモンドジュエリーは、老舗のハイジュエリーブランドでも、独自のこだわりをもって、ダイヤモンドにさらなる付加価値を設けていることでブランドの魅力をアピールしています。

同じグレードのダイヤモンドでも、ブランドごとに価格が違うのには、独自の基準でダイヤモンドのカットやポリッシュ(磨き)によものだけでなく、ダイヤモンドが市場に出るまでの流通にも違いが影響していることです。

ダイヤモンドの仕入れルートにより、同じ4Cグレードでも価格に大きな差があることを知っていると、購入するときの目安にもなりますね。

 

自社の独自ルートで仕入れる銀座ダイヤモンドシライシ(Diamond Shiraishi)

出典:Diamond Shiraishi

 

日本で初めてのブライダルジュエリー専門店になる「銀座ダイヤモンドシライシ」は、イスラエルにある現地法人イスラエルシライシより、直接ダイヤモンドを仕入れています。そのため流通コストがカットされることで安くて高品質のダイヤモンドを提供できることが、銀座ダイヤモンドシライシの特徴です。

ダイヤモンドの世界三大市場のイスラエルにバイヤーを常駐させており為替レートをチェックしながら、質の高いダイヤモンドを効率的に仕入れることに成功しています。ダイヤモンド輸入業社や国内卸問屋を通さず「仕入れ・製造・小売」まで自社で行うことで、お求め安いダイヤモンドジュエリーが実現しています。

ダイヤモンンドの選び方は総合的な品質基準と輝きの一目惚れで決める

ダイヤモンドの選びかたは、まず国際基準になっている「4C」をクリアしていることが基本です。この基準はブランドや店舗に関係なく、ダイヤモンドそのものを評価しているため、世界共通の信頼できる基準になります。

そこから、輝きの基準になる「サリネライトレポート」がついているか? ブランドやジュエラーの技術や歴史などのヒストリーも含めて選んでみると良いでしょう。

ブランド独自の技術やこだわりをもって、他にはないダイヤモンドの魅力を引き出していることで価格も随分変わってきます。ダイヤモンドを仕入れるルートもそれぞれに違いがあり、市場に出たときの販売価格に影響があるということも事実になります。

このブランドの「ダイヤモンドの白い輝き」が気に入ったとか「キラキラと虹色に輝くほうが好き」とか、デザインとカットが自分に似合うのはどれか? など選びかたは人それぞれの価値観で自由です。

ダイヤモンドの品質基準を理解しながら、最終的にダイヤモンドジュエリーを選ぶときには、大きさや輝きを自分の目で確かめて一目惚れしたものを選ぶのが、その人にとって最も価値のあるものになるのではないでしょうか?

 

カテゴリー

-ジュエリーコラム